福岡で交通事故・後遺障害の相談に強い弁護士事務所。相談無料!

交通事故に強い弁護士に是非ご相談下さい。

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

お問い合せ

メールでは24時間

股関節脱臼骨折と後遺障害等級の認定について

2017年5月23日

自動車の運転者や助手席の同乗者が交通事故により強い衝撃を受けたとき、ダッシュボードがつぶれるため足が圧迫されて、骨盤と大腿骨を接続する関節の部分である股関節脱臼骨折を負う可能性があります。 股関

刑事手続について~交通事故の加害者が追及される刑事上の責任において)

2017年5月18日

交通事故が発生した場合には、加害者は、民事上の責任のほか刑事上の責任が追及されることもあります。 交通事故を起こした加害者は、事案によっては、通報を受けた警察に現行犯逮捕されたり、警察署に任意同

外国人が交通事故の被害にあった場合について

2017年5月18日

日本に滞在中の外国人が交通事故の被害にあった場合に、どの国に裁判を提起すれば良いのか(裁判管轄)、また裁判ではどの国の法律に基づき判断されるのか(準拠法)、説明します。 まず裁判管轄についてです

交通事故の被害に。慰謝料って弁護士に計算してもらえるの?

2017年5月8日

慰謝料とは、被害者が負った精神的・肉体的苦痛に対する損害賠償のことをいいます。 交通事故での慰謝料には、主に傷害慰謝料(入通院慰謝料)、後遺障害慰謝料及び死亡慰謝料があります。 交通事故で怪我

交通事故の相談を受けた弁護士が行う調査とはどのようなものなの?

2017年4月28日

交通事故に遭った時点で、特に何か症状がなくても病院で診察を受けておく必要があります。 病院で診察を受けないで、後になってむち打ちの症状が発生したとしても、交通事故を警察が物損事故として処理されていな

交通事故により脳脊髄液減少症になった方が弁護士に相談したほうがよい理由について

2017年4月28日

交通事故に遭ったら、すぐに病院で医師の診察を受ける必要があります。 そして病院でむち打ち症と診断された場合でも、いずれ治るだろうと楽観視することなく、脳脊髄液減少症を引き起こしてしまう可能性がないか

交通事故の賠償金トラブル~弁護士に交渉してもらうメリットについて

2017年4月28日

交通事故に関する損害賠償の問題を解決するためには、加害者と被害者がお互いに話し合いで合意するか、法的な手続きで解決するのか、どちらかの手段で解決を図ることになります。 示談では、加害者と被害者が

交通事故の示談交渉は弁護士と行政書士どちらにすべきなの?

2017年4月17日

交通事故の依頼は、弁護士ではなく、行政書士にお任せすることを考えている方がいても不思議ではありません。 特に交通事故に巻き込まれて間もない人からすれば、弁護士と行政書士のどちらに任せればいいのかよく

交通事故案件で弁護士が一般的に費やす交渉期間はどのくらい?

2017年4月17日

交通事故に遭って、被害者が被った損害に関して賠償金額を決めるためには、まずは示談交渉を行って、被害者側と加害者側で合意をすることになります。 示談交渉において、一般的には、まず加害者が加入してい

交通事故で通院。弁護士に慰謝料を相談できるの?

2017年4月17日

交通事故で怪我を負ってしまったときには、まず一番先に優先するべきことが怪我の治療のための通院になります。 交通事故発生後、速やかに通院して、医者の診察を受ける必要があります。 そして、医師の診

無料相談の流れ

交通事故で不安不満などお悩みの方、福岡交通事故弁護士へご相談ください!

  • お問い合わせ電話/メール
  • 無料相談の予約
  • 事故状況のヒアリング
  • ご来所
  • 弁護士によるご相談・ご提案
  • ご契約
PAGE TOP