福岡で交通事故・後遺障害の相談に強い弁護士事務所。相談無料!

交通事故に強い弁護士に無料で相談下さい。

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

お問い合せ

メールでは24時間

交通事故の被害者が弁護士に依頼するメリットとデメリットとは?

交通事故に遭ってしまった場合には、相手方との示談交渉において、複雑な法的問題が数多くあり、精神的な負担もあって、うまく交渉を進められないことが多くあります。 このような場合に、被害者が弁護士に依

交通事故の被害者が弁護士に依頼するうえでのデメリットやリスクについて

交通事故に遭って怪我をしてしまった場合には、被害者は、加害者に対して損害賠償金を請求することができます。 損害賠償金は示談交渉においては合意により定められるのが一般的ですが、加害者は自分で加入し

物損事故における慰謝料について

物損事故で特に注意していただく必要がある点は、原則として慰謝料が発生しないことです。 これは、物損事故の場合には、財産上の損害が賠償されれば、同時に精神的苦痛も慰謝

後遺障害等級第14級の逸失利益について

日常生活に支障がでる後遺障害が残る場合には認定を受ける必要がある

日常生活をするうえで、健康であることは何よりも重要です。 また、仕事をしている場合でも、仕事の種類によって違いは

自営業者・事業所得者・会社役員の休業損害について

個人事業主や会社役員が交通事故に遭って損害賠償請求をするときについて説明します。 休業損害と逸失利益(交通事故などで亡くなったり、重度の障害を負ったりした人が将

交通事故でご家族を亡くしてしまったときには

1 はじめに

交通事故でご家族(被害者)を亡くされた場合には、ご家族の損害賠償はご遺族(相続人)が請求することになります。 死亡事故では賠償金が高額になる場合が多いので、加害者側

交通事故直後の現場対応について

今回は交通事故直後の現場対応についてご説明します。

1 負傷者の救護と2次災害防止措置

交通事故が発生した場合には、当事者はすぐに自動車を停車し

人身傷害保険と後遺障害について

後遺障害と人身傷害保険に関するコラムをお伝えします。

1 後遺障害が残存した場合について

人身傷害保険では、怪我を負ったときの治療費だけではなく

後遺障害等級認定で「非該当」と判断された場合の異議申立て

後遺障害による損害を請求する前提として、原則として後遺障害等級認定を受ける必要があります。 後遺障害等級認定は、損害保険料率算出機構により後遺障害診断書などに書類審査に基づいて行われます。

損害額の算定について

交通事故の被害に遭って、その後相手方の保険会社から示談の提案書が送られてきたとき、果たしてその金額が適正な金額なのか分からないという被害者の方も多いことだろうと思います。 交通事故の専門知識のあ

無料相談の流れ

交通事故で不安不満などお悩みの方、福岡交通事故弁護士へご相談ください!

  • お問い合わせ電話/メール
  • 無料相談の予約
  • 事故状況のヒアリング
  • ご来所
  • 弁護士によるご相談・ご提案
  • ご契約
PAGE TOP