福岡で交通事故・後遺障害の相談に強い弁護士事務所。相談無料!

交通事故に強い弁護士に是非ご相談下さい。

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

お問い合せ

メールでは24時間

福岡の交通事故に遭われた方へ代表弁護士 中村亮介からのご挨拶

交通事故に遭われた方、ご家族の皆様、この度は大変なご苦労をされ心を痛めていらっしゃることと存じ上げます。 飲酒運転がいまだになくならない福岡において、交通事故もいまだに撲滅されてない状況です。 そのような中、大切なご家族やご友人などを交通事故で亡くされるような痛ましい出来事も無くなっていません。 私たち弁護士事務所におきましては、「依頼者の悩みに寄り添う」という当弁護士事務所(中村国際法律事務所)の理念に基づき、被害者の方々の交通事故問題の解決に真摯に取り組んでいる所存です。

福岡の交通事故は全国ワースト3位

平成28年度における福岡県の交通事故発生件数は37,308件と非常に多く、負傷者数におきましては49,917人で、その中でも死者数は143人もの方がいらっしゃいました。 この死者数においては、福岡県は全国ワースト9位と全国的にみても誇れるような状況ではありません。 ※全国の交通事故のし死者数は3,904人です(福岡県は全国の3.7%) なお、福岡地区における交通事故発生件数については17,672件と、福岡県内でも突出しているのが現状です。 だからこそ、交通事故という痛ましい出来事が無くなることは現時点ではありません。 AIなどが発達し、自動運転技術が向上する中で交通事故の発生件数が激減することは考えられますが、現時点ではそういった状況ではないのです。

気軽にご相談ください

私の友人知人からよく言われるのですが、「弁護士事務所には相談しにくい」というもの。 テレビなどのイメージで弁護士への相談がしにくいという心理的なカベをお持ちの方が多いような印象があります。 ただし、交通事故が起こった場合、まず真っ先に弁護士に相談をしてください。 なぜかというと、交通事故への対応は初動が非常に大切だからです。 その理由は病院や保険会社との間で事故直後において適切な対応をとることで、受ける補償が全然変わるからです。 福岡は優しい人が多い土地柄からか、相手方の保険会社の担当者の言いなりになってしまうケースが非常に多いようです。 しかし、加害者側の保険会社の担当者は「なるべく保険金を被害者に払いたくない」という本音があることはいなめません。 ただ、交通事故は人生で何度も遭うものではなく、不慣れな状況であることも相まって、「保険会社の担当者さんが言うなら・・・」と正当な要求すらせずに保険会社の担当者を信じてしまうケースがよくあるのです。 被害者としては、できるだけ早い段階でその後に受ける補償を最大限にするためにも、弁護士にすぐに相談するようにしてください。 福岡交通事故弁護士.comの所属弁護士は、今まで保険会社と数多くの交通事故案件で交渉をしてきた実績があります。 その実績に裏付けされた知識・経験が必ず依頼者の皆様のお役に立てるものだと自負しております。 また、交通事故で後遺障害が発生しうる事案についても、なるべく早く後遺障害等級の認定に詳しい弁護士に相談してください。 交通事故によって後遺障害が残った場合、交通事故の直後に病院やクリニックで検査を受けているかどうか、また、事故が発生した後から定期的に整形外科に通っていない場合などにおいて、後遺障害等級が認定されないという事態になってしまう可能性があります。 福岡交通事故弁護士.comの所属弁護士に交通事故の直後に相談されたら、症状固定の前段階から、後遺障害等級の認定を見すえた相談ができます。

弁護士の選び方

では、実際にどのような弁護士を選べばよろしいのでしょうか。 弁護士であっても、得意分野は異なります。 相続に詳しい弁護士や、離婚問題に詳しい弁護士など、様々な分野があり、得意とすることは違います。 そのため、交通事故の相談をするのであれば交通事故に詳しい弁護士に相談することが大切です。

無料相談の流れ

交通事故で不安不満などお悩みの方、福岡交通事故弁護士へご相談ください!

  • お問い合わせ電話/メール
  • 無料相談の予約
  • 事故状況のヒアリング
  • ご来所
  • 弁護士によるご相談・ご提案
  • ご契約
PAGE TOP