福岡で交通事故・後遺障害の相談に強い弁護士事務所。相談無料!

交通事故に強い弁護士に是非ご相談下さい。

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

お問い合せ

メールでは24時間

理由1
地元地域に密着

当事務所は、サービスの質を保つために対応エリアを福岡から概ね半径30kmに限定させて頂いております。

適性な損害賠償金および後遺障害等級を獲得するためには、交通事故の依頼者様と弁護士で一緒に対策を検討していくことが必要です。

何か不明点やご質問、困ったことがあるときに気軽に弁護士に相談し情報を共有することは、適切な賠償金を獲得するために重要なことといえます。

地元の弁護士にご依頼いただけば、直接顔を合わせてお打合せができますし、移動のご負担も少なくてすみます。

依頼者様だけでなくご家族の方にも安心してお任せいただけます。

地元の弁護士にご依頼する大きなメリットは外にもあります。それは、「交通事故の発生現場の確認」です。

損害賠償の交渉の過程で、事故の過失割合が争点になる場合は多いですが、その際に交通事故の発生現場を確認することが重要です。適切な事実確認、事実解明のためには、交通事故が起きた場所の周辺の交通事情や地理条件を正確に理解しておく必要がります。

当事務所は、地元福岡に密着して法律問題の解決に取り組んでおり、地元の地理や交通事情に通じているため、交通事故の発生原因を正確に理解することが容易です。

また、示談交渉が成立せずやむを得ず訴訟提起に踏み切った場合も、福岡の交通事故は福岡地方裁判所で裁判を行うことになります。当事務所では、福岡地方裁判所で裁判をする場合、出廷に際しての日当は一切いただいておりません。

地元福岡に密着し、皆さまに最大限尽くしてまいりますので、安心してお任せください。

理由2
相談料・着手金0円(完全成功報酬制)

当事務所では、相談料金0円、着手金0円、費用は完全成功報酬制(後払い)という明朗な料金体系を設けております。これは交通事故の被害者の皆さまが大きな負担を負わないような料金体系といってよいでしょう。

交通事故の被害に遭われ、やむを得ず会社を休んだり、治療のために仕事ができず収入が減ってしまう方も多くいらっしゃると思います。なかには、休業や後遺症が原因で、仕事自体を失ってしまう方もいらっしゃいます。そのような状況に陥ったため、弁護士に依頼する経済的余裕なんてなくなったとして、相手方保険会社からの提示された賠償金額に不満を持ちながらも低額の賠償金で示談に甘んじてしまっている方も多くいらっしゃるでしょう。

当事務所は、そのような被害者の方を1人でも減らしたいという強い想いで、日々の業務に取り組んでいます。真の被害者救済を図るため、初回および2回目のご相談を無料とさせていただいておりますので、当事務所に任せても良いかじっくりご判断ください。

また、お任せいただける場合には、着手金0円に加え、報酬も保険会社から賠償金を受け取ってからのお支払(完全成功報酬制)とさせていただいております。被害に遭われた方の手出しなど実質的なご負担はありません。

「私の後遺症は軽いから後遺障害として認定されないだろうな・・・」

「事故日からだいぶ日にちが経っているし、今さら弁護士に相談するのも遅いよね」

「私の後遺症は軽いから後遺障害として認定されないだろうな・・・」

「疲れた。もうこれ以上相手の保険会社と争うのはやめよう・・・」

そうやって妥協してしまう前に、一度私たちにご相談してください。被害者の皆さまの悩みや苦しみはすべて私たちが解消いたします。私たちは全力で交通事故の被害者の皆さまをサポートいたします!

理由3
事故直後からご相談可能

事故から間もない時期に交通事故のご相談をされた場合には、「症状が固定された後に、またいらしゃってください」などと言われ、特に後遺障害の等級認定の獲得方法についてアドバイスなどを受けることなく、症状固定前からのご相談は断られてしまうことがあります。

そのような場合、残念ながら後遺症診断書の作成前に弁護士のアドバイスが得られません。

しかし、被害者の皆さまのサポートが必要なのは、交通事故に遭った直後の段階です。

被害者の方には、どのような治療を受け、どのように後遺障害の等級認定を受けるべきなのか、事故直後のサポートが必要です。

また、保険会社が治療費を直接支払ってくれるとしても治癒前に打ち切られることもありますから、そうならないように弁護士が代理人となって保険会社と交渉することが必要となる場合があります。

当事務所では、交通事故専門のチームを組んで被害者を交通事故直後からサポートし、適正な賠償金を獲得することができるよう、被害者の方が適正な後遺障害の等級認定を得られるようアドバイスをする体制を整えています。

もし、症状固定前で弁護士に依頼を断られた方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい。

理由4
医療機関へ同行!

当事務所では弁護士が被害者の方と一緒に医療機関へ同行することも積極的に行っています。

被害者の方のなかには治療を継続してもなかなか痛みが取れず、「後遺障害」が残ってしまう少なからずおられます。

後遺障害」の認定の申請には、通院中の医療機関で作成される「後遺障害診断書」を提出する必要があります。

この「後遺障害診断書」が後遺障害の認定を受けるにあたって、非常に重要となってきます。

それは、あなたが訴えている症状が交通事故による後遺障害であるのかどうか、そして交通事故によるものであるとしても、どの程度の障害であるのかについては、医療の専門家である医師による診断・所見が、後遺症を認定する関係機関では重視されるからです。

この「後遺障害」について、適切な賠償を受けていただくために、当事務所では、弁護士が病院に診療に行かれる際に同行し医師に面談することがあります。

医師の中には、後遺障害診断書の重要性を認識していないために被害者の後遺障害の症状について適当に記載をする方もいます。

このような場合、私たちは医師との面談を通じて、診断書上に後遺障害の症状について正確に記載することの重要性を説くのです。

当事務所では弁護士が担当医にどのような検査をしていただきたいか伝え、等級表の記載事項や過去の認定事例を踏まえ、強調して欲しい点や詳しく記載して欲しい点など直接お願いしています。

理由5
後遺障害の等級認定もサポート

交通事故分野の中でも、特に後遺障害は、医学的な知識、等級認定の条件を熟知していることが必要とされる特殊な分野であり、一般の弁護士では対応が難しい部分があります。

当事務所では、交通事故・後遺障害において高い専門知識を持ち、経験豊富な弁護士が、被害者の皆さまのご相談に応じてます。

後遺障害は1級から14級までの等級に分かれています。原則として、賠償金額や補償内容は認定された後遺障害等級によって決定されます。

このように後遺障害等級認定は非常に重要な意味を持っています。その後遺障害等級認定においても「こんなに辛いのに適正な等級を認めてもらえない」という悩みを抱えられている被害者の方が多くいらっしゃいます。

より上位の等級を獲得した場合には、数百万~数千万円の増額になることもあります。

当事務所は等級認定の申請の際に、適正な認定が得られるよう、後遺障害に詳しい外部の専門家と連携し、交通事故被害者の方をサポートさせて頂いております。

後遺障害でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

福岡交通事故弁護士.comの代表的な慰謝料の増額の成功実績のご紹介

慰謝料の増額可能

90以上

無料相談の流れ

交通事故で不安不満などお悩みの方、福岡交通事故弁護士へご相談ください!

  • お問い合わせ電話/メール
  • 無料相談の予約
  • 事故状況のヒアリング
  • ご来所
  • 弁護士によるご相談・ご提案
  • ご契約
PAGE TOP