福岡で交通事故・後遺障害の相談に強い弁護士事務所。相談無料!

交通事故に強い弁護士に是非ご相談下さい。

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

お問い合せ

メールでは24時間

股関節脱臼骨折と後遺障害等級の認定について

2017年5月23日

自動車の運転者や助手席の同乗者が交通事故により強い衝撃を受けたとき、ダッシュボードがつぶれるため足が圧迫されて、骨盤と大腿骨を接続する関節の部分である股関節脱臼骨折を負う可能性があります。 股関

外傷性てんかんと後遺障害等級の認定について

2017年5月23日

外傷性てんかんとは、交通事故により頭部外傷を受けた場合に生ずる後遺障害で、てんかん発作を繰り返すことを主な症状とする慢性の脳障害のことをいいます。 外傷性てんかんの後遺障害等級の認定について、発

大腿骨転子部骨折と後遺障害等級の認定について

2017年5月8日

世の中には予期せぬことが起こる場合があります。 例えば、横断歩道を渡っている時に交通事故に遭遇するということも決して珍しくありません。 交通事故に遭遇して負った怪我は後遺症を残す可能性がありま

プラトー骨折の症状と後遺障害等級の認定について

2017年5月8日

プラトー骨折とは、すねの骨の上部にあたる部分(脛骨の上端の関節面)の骨折のことをいいます。 ひざを強打することで発生することが多く、併せてひざの皿の部分の骨折や、ひざの関節を支える靭帯の損傷も発

TFCC損傷と後遺障害等級の認定について

2017年5月8日

交通事故を遭った場合に、特にハンドル操作が必要な車やバイク、自転車に乗ったまま事故に遭った方などが、ハンドルを握り追突をうけたときの衝撃や、転倒して強く手をついたときに発生するTFCC(三角繊維軟骨複

交通事故の相談を受けた弁護士が行う調査とはどのようなものなの?

2017年4月28日

交通事故に遭った時点で、特に何か症状がなくても病院で診察を受けておく必要があります。 病院で診察を受けないで、後になってむち打ちの症状が発生したとしても、交通事故を警察が物損事故として処理されていな

交通事故の相談を弁護士にしてから解決までの日数は一般的にどのくらいなの?

2017年4月14日

交通事故に遭遇して怪我を負うと人身事故として扱われ、被害者は、加害者に対して被った損害の賠償請求をすることができる権利が生じます。 加害者は、加入している自動車保険会社のサポートを受け、自ら示談

交通事故に遭遇してむちうちになった被害者は弁護士に相談した方がよい?

2017年4月14日

交通事故に遭うと、衝突した際の衝撃によりむちうち症状になることがあります。 むちうちがたとえ軽い症状であったとしても、人身事故の対象となる怪我の一つですし、侮っていると様々な症状を引き起こすきっ

後遺障害等級第14級の逸失利益について

2017年2月28日

後遺障害が残存した場合における逸失利益とは、被害者に後遺障害が残り労働能力が減少するため、将来発生するものと認められる収入の減少のことをいいます。 簡単ではありますが、後遺障害等

人身傷害保険と後遺障害について

2017年2月27日

後遺障害と人身傷害保険に関するコラムをお伝えします。

1 後遺障害が残存した場合について

人身傷害保険では、怪我を負ったときの治療費だけではなく

無料相談の流れ

交通事故で不安不満などお悩みの方、福岡交通事故弁護士へご相談ください!

  • お問い合わせ電話/メール
  • 無料相談の予約
  • 事故状況のヒアリング
  • ご来所
  • 弁護士によるご相談・ご提案
  • ご契約
PAGE TOP