福岡で交通事故・後遺障害の相談に強い弁護士事務所。相談無料!

交通事故に強い弁護士に是非ご相談下さい。

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

お問い合せ

メールでは24時間

527万円の増額に成功!左足関節果部骨折・左脛骨骨幹部骨折、左腓骨骨幹部骨折により12級7号、14級9号が認定された50代パート兼主婦(女性)

1024万円獲得成功!

後遺障害部位
下半身/足関節果部
後遺障害内容
左足関節果部骨折・左脛骨骨幹部骨折、左腓骨骨幹部骨折
後遺障害等級
12級7号 14級9号
解決方法
交渉
50代 女性 パート兼主婦のケース
保険会社の提示額
約497万円
後遺障害等級12級7号 14級9号
交渉により、慰謝料増額に成功
約1024万円
後遺障害等級12級7号 14級9号
解決期間約 ―

成功実績の内容

左足関節果部骨折・左脛骨骨幹部骨折、左腓骨骨幹部骨折により12級7号、14級9号が認定された50代パート兼主婦(女性)の被害者についての成功実績になります。

後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益、休業損害、入通院慰謝料等を含め、合計の賠償総額として1024万円を獲得。

事故発生の状況

被害者は自転車を運転して直進中、被害者の左側から駐車場から車道へ進入しようとした普通乗用車と衝突し、これにより右側に転倒し受傷しました。被害者が運転していた自転車は全損し、加害者の運転していた自動車のフロントバンパーも損傷しました。

ご相談の経緯

被害者が交通事故による入院中であったため、弁護士が入院先の病院に赴いて直接ご相談をお受けしました。初回のご相談時は、事故からまだ1ヶ月後で、今後も入院、通院が続くことが予想されましたが、すぐ弁護士に解決を一任したいとのことで、そのまま受任することになりました。事故直後から弁護士に事件処理を一任したことで、保険会社と直接交渉する必要がなくなりました。

弁護士の基本方針

本件においては、被害者は時間がかかってもいいので最大限の損害賠償を求めていました。当初は示談交渉による解決を目指しましたが、保険会社からの賠償額の提示が低かったこと、自賠責保険金の支払により当面の生活費が賄えたことから、訴訟による最終解決を目指すこととしました。

解決のポイント

被害者がパート兼主婦の場合、事故後、症状固定時までは入院や通院によって家事に著しい支障が生じます。このような場合、十分に家事ができなかった点について、休業損害の支払いを求めることができます。また、症状固定後も家事に支障が生じる場合は、将来の家事労働について後遺障害逸失利益の支払いを求めることができます。

つまり、症状固定までの間に生じた休業損害だけでなく、症状固定後にも後遺障害により家事ができなくなったことの後遺障害逸失利益も請求することができます。

中村弁護士

中村弁護士のコメント

示談交渉においては、休業損害と後遺障害逸失利益の提示額が極めて低額でしたので、訴訟においては被害者ご本人様の後遺障害の影響を具体的に立証することにより、賠償額の大幅な増額に成功しました。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00

PAGE TOP