後遺障害の等級認定の流れについて

2017年2月9日

今回は後遺障害の等級認定の流れについてご説明します。
参考にしていただけたら幸いです。

後遺障害の等級認定を受ける流れについて

交通事故で受傷したことが原因で後遺障害が残ってしまったときには、その症状に応じた後遺障害等級の認定を受けて損害の填補を受けなければなりません。

そこで、まずは適切な「後遺障害等級」の認定を受けることが必要となります。

後遺障害等級認定手続は、加害者の加入している損害保険会社が損害保険料率算出機構に申請して、被害者の後遺障害がどの等級の障害であるかどうかを認定してもらう方法があります(これを事前認定といいます)。

また、被害者が自ら後遺障害等級認定を申請することもできます(これを被害者請求といいます)。

そして、後遺障害等級の認定申請があった場合には、損害保険料率算出機構が診断書、担当医師が作成する後遺障害診断書、レントゲンやMRI画像等の資料に基づいて「等級認定」あるいは「非該当」の判断を行います。

特に後遺障害診断書の作成にあたり、「痛みがある」という自覚症状の記載があるだけでは等級認定を受けるのは難しく、担当医師によりその自覚症状を裏付ける神経学的検査や画像検査などの結果も記載してもらわなければなりません。

そのためには、レントゲンやMRI画像等を取り入れた上で、担当医師から医学的所見を記載してもらうことが必要です。

また、交通事故に遭遇した直後にすぐMRI画像を撮影しないと現れてこない所見もあるため、交通事故に遭遇したらすぐにMRI画像を撮影することも必要になってきます。

そして、交通事故に遭遇して負った怪我によって神経性の症状が現れていることが客観的にわかるような方法の検査を受けて、その診察結果を、診断書などでしっかり残しておくことも重要となります。

後遺障害の診断に詳しい医師を探すことも等級認定を受ける上で重要

このように、交通事故の被害者としては、後遺障害診断に精通した医師を探すことも大切ですし、医師に対してご自身の症状の内容や程度を明確に伝えることも大切です。

しかし、後遺障害の適切な等級認定を受けるために必要な事項が記載されている後遺障害診断書を取得することは容易ではありませんし、症状を訴えても必要な症状を診断書に記載してくれない医師も残念ながら存在します。

そこで、交通事故の後遺障害の等級認定獲得に多数の実績がある弁護士に相談したうえで、適切な事項が記載された後遺障害診断書を取得し、それに基づいて後遺障害認定手続を行うことが極めて重要です。

ぜひ、お困りの方は一度当事務所までお問い合わせしてご相談ください。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00