弁護士と行政書士の違いについて

2017年2月9日

弁護士と行政書士はどちらも法律を扱う仕事ですので、その違いがわかりにくいものです。
その違いを端的に言いますと、弁護士は加害者または加害者側の保険会社との交渉ができます。
また、弁護士は、行政書士が行える業務をすべて行えます。

交通事故の際に弁護士は代理人になれるが行政書士はなれない

交通事故に遭った場合において、被害者は、損害賠償問題を解決するために、専門知識を有する保険会社と交渉を行い、適切な賠償金額を獲得していかなければなりません。
しかし、そもそも行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成すること等を業務としているため、交通事故の損害賠償請求に関して被害者の代理人となることができず、保険会社と交渉することはできません。

一方、弁護士であれば、被害者の代理人として直接保険会社と交渉ができ、交通事故の損害賠償請求に関して交渉や裁判などで問題を解決するまで被害者の代理人として活動できます。
そのため被害者の負担はかなり軽減されますし、賠償問題の速やかな解決も期待できます。
さらに、弁護士に依頼すれば弁護士費用が多くかかると心配されている方であっても、加入している保険に弁護士費用特約が付いていれば、弁護士費用を負担する必要がありません。

そのため、交通事故の賠償問題でお困りの方は、まずは弁護士に相談することをお勧めします。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00