人身傷害保険の特徴について

2017年5月8日

人身傷害保険とは、被害者が加入している自動車保険から交通事故によって受けた損害について保険金が支払われるというものです。

人傷傷害保険の保険事故は、「自動車又は原動機付自転車の運行に起因する事故等の急激かつ偶然な外来の事故により被保険者が身体に傷害を被る」ものとなり、適用要件の被保険者は、記名被保険者のほか、配偶者、同居親族、別居未婚の子も含まれます。

そして、人身傷害保険で支払われる保険金は、あくまで人身傷害保険約款に基づき算定されるものであるため裁判基準に比べ低額に抑えられていますが、損害賠償請求をする場合と同様に、休業損害傷害慰謝料、後遺傷害慰謝料、死亡慰謝料、逸失利益などの損害項目ごとに算定されることになります。

人身傷害保険の特徴としては、示談交渉の結果に関係なく、保険金が支払われることにあり、被害者(被保険者)は交通事故で被った損害について早期に填補を受けることができるメリットがあります。

また、人身傷害保険では、過失割合に関係なく、保険金が支払われることになります。
そのため、被害者(被保険者)は、加入している保険会社から、自身の過失割合に関係なく、直接保険金が支払われる点で大きなメリットがあります。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00