交通事故の被害者が弁護士に依頼するうえでのデメリットやリスクについて

2017年4月5日

交通事故に遭って怪我をしてしまった場合には、被害者は、加害者に対して損害賠償金を請求することができます。

損害賠償金は示談交渉においては合意により定められるのが一般的ですが、加害者は自分で加入している自動車保険会社の示談交渉サービスを利用でき、自動車保険会社の専任スタッフが示談交渉にあたる一方、被害者は自分に過失がなかったり、自動車を運転していない状況で交通事故に遭った場合は、自分で加入している自動車保険会社の示談交渉サービスを利用することができません。

かといって、被害者自身が示談交渉に挑んだとしても、加害者側に立つ自動車保険会社の専任スタッフは、これまでに業務として数多くの示談交渉の場に臨んでいるプロなので、不利な状況に立たされることになってしまいます。

そのため、交通事故の示談交渉について、まずは弁護士に相談してみるのが一つの方法です。

そして、弁護士に依頼した場合には、示談交渉を有利に進めることができ、損害賠償金を増額することが期待できるというメリットがある一方で、弁護士費用がかかるなどのデメリットやリスクも存在します。

そこで、交通事故の示談交渉に臨むにあたり、前もって、弁護士に相談したうえで、メリット、デメリットやリスクを知っておくことによって、そのデメリットやスクを抑えることができる可能性が高まります。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00