交通事故の損害賠償請求

2016年9月28日

交通事故の損害賠償請求についてご説明します。

まず、一般的な交通事故によって発生する損害の項目は、以下のとおり多岐にわたります。

1 物損

修理費用、買換差額、評価損など

2 傷害

治療費、入院雑費、通院交通費、付添介護費用、休業損害、傷害慰謝料など

3 後遺障害

後遺障害(死亡)逸失利益、後遺障害(死亡)慰謝料、将来介護費用など

4 その他

治療中の装具費用、松葉杖、車椅子等の購入・レンタル費用、住居改造費、葬儀費用など

交通事故による損害賠償請求の基準について

さらに、損害賠償基準として、自賠責基準、任意保険基準及び裁判基準の3つがあります。交通事故に遭われた被害者が正当な損害賠償を受けるためには、交通事故の損害賠償に関する豊富な知識や情報を持っていなければならないのが実情です。

一方、交渉の相手となるのは豊富な知識や情報を持っている加害者側任意保険会社となりますので、被害者ご自身で正当な損害賠償を受けるのは容易なものではありません。また、被害者ご自身が交渉にあたるとなれば、ご自身の時間がとられてしまいます。

そこで、豊富な知識や情報を持っている弁護士が被害者に代わって交渉にあたれば、被害者が正当な損害賠償額を獲得できることが大いに期待できます。

交渉にあたりお困りの方や交通事故に遭われた方で損害賠償請求についてお困りの方は、ぜひ一度中村国際法律事務所までご相談ください。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00