交通事故に遭遇して弁護士に相談することが必要な理由について

2017年4月14日

交通事故が原因で怪我を負って、損害が生じた場合には、被害者は、加害者に対して、その損害について賠償をしてもらう必要があります。
損害賠償の項目は色々ありますが、一般的に、精神的な苦痛に対する慰謝料が賠償額の多くを占める場合が多くあります。

交通事故の慰謝料は、精神的な苦痛という曖昧な基準で金額が決まるため交渉次第で大きく金額が変動することがあります。
そのため、交通事故の損害賠償金についての知識が豊富で交渉術に長けている弁護士に相談をすることは、交渉を有利に進めるためには必要なこととなります。

また、交通事故の慰謝料の算定する基準には三種類存在します。

自賠責基準は、自動車損害賠償保障法施行令という法律によって決められた必要最小限の金額として設定されている基準になります。
自賠責保険に交通事故の加害者の車両が加入しているときには、最低限でも自賠責基準で決められた慰謝料の金額を請求することができるということになります。

任意保険基準は、加害者が加入する自動車保険会社が、それぞれに決めている基準になります。
それぞれの自動車保険会社の基準が正式に公開されていないため、詳しい内容は分かりませんが、自賠責基準とほとんど同じか、少しだけ高いぐらいの内容となっているのが一般的になります。

裁判所基準は、弁護士が代理人となった場合や、裁判で損害額が決められる場合に使われる基準で、現在までの判例を基にして基準値を算出したものになります。

慰謝料の金額は、裁判所基準を使って算出したものが一番高額となります。
そのため、示談交渉で裁判所基準を使って慰謝料の金額を算出するためには、弁護士に代理人になってもらう必要があります。

ですので、一番高額な慰謝料や、損害賠償金を加害者から獲得するためには、弁護士に相談をする必要があるという理由になります。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00