交通事故に遭った時の正しい通院の仕方について

2017年2月9日

交通事故に遭った時の正しい通院の仕方~むちうちの検査へ

交通事故に遭って、むち打ちではないかと思われたときは、交通事故発生後すぐに病院を受診されることをお勧めします。
なぜなら、交通事故を発生した直後は、むち打ちは自覚症状が現れないことがよくありますが、それでも病院に通院していないと後から通院したとしても、受傷と交通事故との関連性が認められずに治療費や入通院慰謝料の請求ができなくなる場合があるためです。

また、交通事故の被害者が保険会社と間でよく争いになるのが、整骨院、接骨院で治療を行ったときです。
治療に関して、整骨院等での施術は一定の効果があると認められていますので、医師の指示があれば適切な治療と認められます。
しかし、整形外科の治療が不満だからと医師に黙って整骨院等に通院すると適切な治療と認められない場合があります。

そこで、そんなときに交通事故専門の弁護士にご相談ください。
整骨院に通いたいが、どのようにすれば適切な治療として認められて、治療費、入通院慰謝料の算定の基礎とされるのか、ぜひ当事務所までご相談ください。

福岡交通事故弁護士に無料相談はこちら!

まずはしっかりとお話を聞きます!

お気軽にお問い合わせください

092-717-2055

受付時間 平日9:00~17:00